• 良い中古車を見極めるには

    中古車購入をする際に最も気になるのが故障への懸念です。


    車は動く機械であるため、故障する懸念があります。

    故障の懸念は経年劣化が最も高く、走行距離が多い車が故障する可能性が高くなります。
    走行距離が多いということはそれだけエンジンや足回り、電気系統の各部位に疲労が出て耐久性が落ちます。

    評価の高い共同通信社情報探しで悩んだ時に見てほしいサイトです。

    とは言え、中古車を選ぶ場合、予算的な問題があります。



    また、新車を購入することを検討している人でも新古車を選択肢とするケースも多いでしょう。
    新古車は登録済みの未使用車などを指しますが、概念上中古車となります。新車の見積もり総額よりも低ければ購入する価値がありますが、インチの大きいタイヤ&ホイールを装着している車は、売りの値の吊り上げが行われている可能性があるため、選んではいけません。


    ある程度年数が経過し、走行距離が伸びている車の場合は見極めが難しいです。めぼしい車がある場合は、まずはその車の中古車相場を調べましょう。年式、走行距離、色などから平均的な価格を割り出し、なるべく走行距離の少ないものを選びましょう。中古車である以上、保証がしっかりとしていることを確認しましょう。



    事故歴がある車両を購入してはいけません。


    修復歴ありと表示されている車が相場よりも大幅に安くても手を出してはいけません。問題は修復歴なしの車でもフレーム構造に損傷が無ければ修復していても修復歴に入らないということです。
    ドアやフェンダーなどの塗装をしっかりと確認し、再塗装された形跡がある車両は購入をやめるか、交渉を試みましょう。
    さらに目的の車が出ても必ず他社と比較し、しばらく経過を見ましょう。

    1ヵ月経過で売れていない車は慌てて購入せず、念入りに交渉を進め、値引きを引き出すようにしましょう。